神の島『雄島』の◯◯調査に行ってみた!!!

こんにちは・こんばんは!
今回の記事も、恒例の指導員Dが担当いたします。
#お前はだれ??

さて、表題にもありますが、

福井の観光名所は??と聞かれると、【東尋坊】が真っ先にあがると思いますが、

実は、【雄島】も有名なのです。

参照:Zekkei japan

この有名ってのは、あまりよろしくない意味も含んでおりますが・・・
#心霊スポットとして全国的にも有名
#時期的には、お盆に肝試しで来る人々多数

ちなみに、雄島の周り方は、
『時計まわり』『半時計まわり』がよく知られていて、どっちかの周り方がよろしくないとされているようです。どっちかは忘れたので、興味ある方は調べてくだせぇ!!
#調べてから記事にしろ

どっちまわりでも、何もありませんし、赤い橋から手が出てくるなんて怪奇現象もあるわけないですw

ちなみにですね、
地元から三国は近いので、雄島にはよく行くスポットなのですが、正直、時計まわりとか、半時計まわりとかどーでもいいです!!!笑

私なんかは、磯場に最短で向かいたいので、ど真ん中をまっすぐ突き進みますw w
#ど真ん中ルートは、夏は虫が多いからおすすめしません

夏場は、このルートに限らず虫が多い!

絶景だね!!!

ん?

んん??

『磯場に最短で向かいたい』!?!?!?!?

そうなのです。

私、指導員Dは釣りキチ三平なみの釣り好きで、特に危険な釣りとされている
【磯マル・磯ヒラ】を狙う釣りをメインにやっております。
#磯マル=磯のマルスズキ・磯ヒラ=磯のヒラスズキ

参照:釣りキチ隆の視点

興味がある方は、下記の動画をどうぞ。
これ、出演者が私の後輩で、撮影者が先輩だったことを最近知りました!!!

めちゃくちゃカッコいいムービです!!!!!!!!

この釣り、本当に危険で、ザッパザッパと波を受けながら、狙う釣りとなります。
※あまりに危険な立ち位置は、もちろんエントリーしません!!

ということで、今回は雄島の【磯場】チェックに行ってきたんです!!

この日は、凪の日を狙って地形チェックに行ったので、海が穏やかですが、
風やうねりが、いい感じに入るとこんな感じで、荒れた磯になります。
↓↓↓↓↓↓↓

ここまで荒れると、地形が全くわからなくなり、

狙うポイントが絞れなくなるので、事前に足場のチェックや、沈んでいる岩などの場所を頭に叩き込んでおくんです。
#普通の人からしたらどうでもいい情報

もちろん、観光として雄島に来てみるのもいいと思います。

1周回っても、40分〜1時間ほどなので、ちょうどいい広さの島だと思います。

では、ここで雄島を観光する際の、指導員D的な注意点をお伝えして終わろうと思います!!
#急に終わりに持っていくやつ

【注意点】

①絶対にスカートで行かないこと

離島というのは、基本的に風が強いです。また、雄島は最初に長い階段を登ります。
スカートだと、完全に下から丸見えです。気をつけて。

前を歩いていた、女性お二人・・・大丈夫だったかな。。。

②できればスニーカーで

島全体的に歩きやすくはなっていますが、思いの外、磯ギリギリまで行けるところがほとんどです。

サンダルやヒールだと、岩肌を歩くときに非常に危険です。

③海ギリギリまで行かないこと

私のようなガチ釣り人は必ず、専用のライフジャケットとウェットスーツを着ます。もし、転落しても少しでも命が助かるようにです。

なので、装備が無い方は、決して海面まで行ってはいけません。

④駐車場はそんなに広くない

30台ほどは駐車できますが、お盆や連休は混み合うので駐車スペースがすぐ埋まります。釣り人も多いポイントですから尚更。
観光するときは、時間に余裕を持っていきましょう。

参照:福井の釣りとか観光とか

⑤夜はおすすめしない

肝試しだと、基本的には夜になると思いますが・・・夜の島をナメてはいけません。急に崖になるところもあります。非常に危険です。私は、おすすめしません!!!

参照:心が折れた雑談場

以上、簡単ですが、気をつけてほしいことをお伝えしました。


まぁ、風・波が爆荒れのときに向かう人間から言われても説得力がないかもしれませんが・・・w w

参考にしていただければ幸いです。

雄島は、絶景スポットなので是非、一度は行ってみて欲しいと思います!!!
これからの時期、特におすすめですよ!!!

皆様のご感想、お待ちしております〜

それでは、また次回〜

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. インスタキャンペーン始まります!!

  2. 在校生Q&A 『エンジンブレーキって何ですか?』

  3. 本日は撮影日和!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP